手ぬぐい

towel’s.jpでは京都の手捺染プリントをはじめとするさまざまな伝統技術を使用し、お客様のご要望にあった手ぬぐいを製作いたします。

ベタプリント手ぬぐい

全面プリントで、細かく、デザイン性の高い柄の手ぬぐいを作成できます。

  • この商品について問い合わせる
  • 見積もり作成を依頼する


端まで色、柄が入る

手捺染などで製作した場合、柄は生地端から約2~3cm内側になるので、四方に白場ができます。ベタプリントなら柄も色も生地端までプリントできるので、 デザイン思いのまま!

端まで色、柄が入る

細かい柄も表現可能

注染などであればにじんでしまうような細かい柄でも、ベタプリントなら製作可能!また、色同士が隣り合う柄もプリントできます。こだわりの色でオリジナルの手ぬぐいが作れます。

細かい柄も表現可能

裏面

プリントは手ぬぐい生地の裏まで色が通らないので、裏面は白になります。少し表の色が透けて見える程度です。

裏面

注染(ちゅうせん)手ぬぐい

大阪の昔ながら染めの技術です。一枚の布をじゃばら状に重ね合わせ、表と裏を二度染めていくため、裏表なくきれいに染まります。手作業だからこそ表現できる、繊細でありながら、やさしいぼかしやにじみの何ともいえない風合いが注染手ぬぐいの魅力です。

  • この商品について問い合わせる
  • 見積もり作成を依頼する


伝統の 技術

日本で古くから親しまれてきた、職人による伝統技法です。防染糊を置いた生地に染料を注ぎこんで染めます。独自の味わい深さと風合いをもち、使い込むほどの色落ちと風合い、馴染むやわらかさが特徴です。

伝統の 技術

裏面

注染は裏まで色が染まります。プリントの場合は裏まで色は通らず、表面のみにしか柄は出ません。本染めは表裏なく、両面が染まりまるので、手ぬぐいの本来の柄、風合いをお楽しみいただけます。

裏面

クレア染め

初めに生地全体を無地で染め加工した後に、注染で染める方法です。通常注染では異なる色同士は差し分けする必要がありますが、2回染めることにより色を重ねることが可能となります。注染独特の深く、味わい深い色合いに仕上がります。

クレア染め

機械プリント手ぬぐい

職人の手作業による手捺染プリントではなく、機械による自動プリントです。
効率よく製作でき, 統一感のある仕上がりなります。 
生地端まではプリントできません。
ロット数が多い場合はオススメです。

  • この商品について問い合わせる
  • 見積もり作成を依頼する


手捺染プリント手ぬぐい

京都伝統のプリント技術です。
1色につき1版を用いて手刷りでプリントし、それを重ねることで柄を完成させていきます。
1版ずつ丁寧に刷られるため柄のズレや色のぶれもなく、美しい仕上がりが魅力です。

  • この商品について問い合わせる
  • 見積もり作成を依頼する


京都伝統の技術

京都に古くから伝わる友禅染の技術に、新しい技術が加えられ確立したのが手捺染プリントです。熟練の職人による手作業なので、複雑で細かい柄も丁寧に仕上がります。機械とは違った味わいが魅力です。

京都伝統の技術

アミ点による表現

細かいアミ点を駆使することにより、色の濃淡を表現することができます。手作業による繊細な技術だからこそ、まるで水墨画のような深く、味わい深い絵画的な柄も制作できます。

プリント範囲

手捺染プリントは生地端まではプリントできません。プリント範囲は生地端より2~3cm内側になります。(34×90cmの手ぬぐいの場合、プリント範囲は30×84cm)
詳細はスタッフにお尋ねください。

無地カラー手ぬぐい

無地の日本製カラー手ぬぐいです。
オリジナルプリント用の生地として使えば、お祭り用、各種イベントなどで活躍します。
通常、背景色全体がカラーの上にデザインが入る場合は、2色ベタプリント手ぬぐいになりますが、この生地を使用すれば1色普通プリントで製作できます。

カラー

  • エンジ

  • ピンク

  • イエロー

  • カラシ

  • ベージュ

  • グリーン

  • ブルー



サイズ

34×90cm

  • この商品について問い合わせる
  • 見積もり作成を依頼する


カラー手ぬぐいプリントデザイン例

カラー手ぬぐいプリントデザイン例

カラー手ぬぐいプリントデザイン例

お気軽にお問い合わせください

075-351-7558

営業時間 平日 AM9:00〜PM6:30

メールでのお問い合わせ