注染(ちゅうせん)手ぬぐい

大阪の昔ながら染めの技術です。一枚の布をじゃばら状に重ね合わせ、表と裏を二度染めていくため、裏表なくきれいに染まります。手作業だからこそ表現できる、繊細でありながら、やさしいぼかしやにじみの何ともいえない風合いが注染手ぬぐいの魅力です。

  • この商品について問い合わせる
  • 見積もり作成を依頼する


伝統の 技術

日本で古くから親しまれてきた、職人による伝統技法です。防染糊を置いた生地に染料を注ぎこんで染めます。独自の味わい深さと風合いをもち、使い込むほどの色落ちと風合い、馴染むやわらかさが特徴です。

伝統の 技術

裏面

注染は裏まで色が染まります。プリントの場合は裏まで色は通らず、表面のみにしか柄は出ません。本染めは表裏なく、両面が染まりまるので、手ぬぐいの本来の柄、風合いをお楽しみいただけます。

裏面

クレア染め

初めに生地全体を無地で染め加工した後に、注染で染める方法です。通常注染では異なる色同士は差し分けする必要がありますが、2回染めることにより色を重ねることが可能となります。注染独特の深く、味わい深い色合いに仕上がります。

クレア染め

お気軽にお問い合わせください

075-351-7558

営業時間 平日 AM9:00~PM6:30

メールでのお問い合わせ FAXお問い合わせフォーム